独学か学校どちらを選ぶ?

独学のおすすめテキスト & 通学のケイコとマナブ

 

独学派のあなたには

 

おすすめ一問一答問題集です。各科目ごとに要点がまとめられており、その後一問一答が載せられています。
レッドシートで解答を隠しながら回答でき、シートをめくれば答えがすぐ見れるので非常に覚えやすいです。
内容はよく出るポイントとピッタリ合致していて、とてもいい問題集です。
値段は非常に安いです。例題に変なひねりはなく確実に得点に結びつく、お勧めのシリーズです。
他にも参考書を買うことを私はとめませんが、この参考書を抜きで勉強することは私はおすすめしません。

 

 

上で紹介したイチオシ一問一答問題集を終えて、最後の総復習に読み物として知識の確認としての一冊です。
基本を踏まえたうえで、ざっと読み流して一歩先の知識の習得を目指します。
上で紹介した一問一答で基本を身に付けたあとなら、あなた自身が気に入った参考書を買うのもアリですよ。

 

 

通学派のあなたには

写真

私が当時勤めていたファミレスでも調理師学校に通いながら、アルバイトにきている学生さんがいました。
いろいろ実習とかあるみたいで、調理場にある材料でお昼休憩時のご飯を作っていたりしました。
「へぇ〜すごいね。さすが学校通ってるだけあるね〜」と言ったら、
「まぁね。いろいろやらされるからさ」と照れながらこんな返答が返ってきました。

 

CMでも有名ですが、ケイコとマナブは全国の学校をまとめて紹介している数少ないサイトです。
ワクワク、ドキドキのスクールで同じ目的を持つ仲間と学びたい女性の方はスクールという選択もあります。
もちろん男性の方も。
調理師試験は筆記試験オンリーなので暗記で通ってしまいます。
きちんと調理の技術と知識を身に着けて社会で活躍したい。本格的に調理師としての道に進みたい方にはこちらも参考になさってください。
ケイコとマナブ公式サイトはこちら
こちらで全国の学校検索と無料の資料請求ができるので資料を取り寄せてみましょう。

 

通信講座派のあなたには
また独学と通学のちょうど中間の立ち位置として、説明の分かりやすさで有名なユーキャンの調理師通信講座を受講するという手もあります。

 

まだ調理の仕事についていなくて、受検資格の2年の実務経験を積みたい方は、まずはお仕事探しからですね。
理想のアルバイトはここから

 

首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)限定になりますが外食産業特化の検索サービスなら↓